労働は法律に守られるのです

労働者は雇用者に比べて不利な立場に居ることは間違いありません。
それは何故かと言うと雇用者は誰を雇うのかを決めることが出来ますが、労働者は雇用者を変更することが出来ないからです。
しかし、自分がどの会社へ入社するのかを決めることは出来ます。
就職活動をする時には多くの会社の中から選ぶことが可能なのです。
法律では仕事をしている人を守るためのものがあります。
一週間にどのくらいの時間の仕事まで行って良いのかを規定しています。
それを超える場合は残業代を支払わなければならないのです。
それを行わなければ雇用者は法律によって罰せられるのです。
ですから、人が文化的な生活を営むことが可能になります。
人権保護を目的としている法律もあります。
確かに仕事は生活をするために必要なことですが、それだけを行っていても良くありません。
仕事をやり過ぎてしまうと病気になる可能性があります。
ですから、ある程度の所で節度を設けて労働者を守るのです。